GaDの狩猟日誌 ~ The second stage

by GaDのモンハン考察

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伝統の一振り

2009 - 09/13 [Sun] - 17:23

今朝、何気なく採取クエに行くと、、、
ガングロ姉ちゃんがゴスロリになっていた。

mhf_20090913_122114_203.jpg

やられたorz、、、の一言である。
まさかこれほど早く手を打ってくるとは思いもしなかった。
せめて心の準備だけでもさせて欲しかったのだが。
ただ、 『 にゃんにゃん 』 と鳴かないだけマシかもしれない。
アレを聞くと、正直萎えるのだ。

それにしてもこの姉ちゃん、ちと怖いのだが。

mhf_20090913_122227_812.jpg

今度のオトモは、物凄く好戦的である。
お陰で、生肉に困ることが無さそうだ。
それにしてもキレのある剣筋である。



mhf_20090913_122326_578.jpg

とりあえず、日課の肉焼きである。
この何とも言えない圧迫感、まるで肉を焼かされているような気分になる。
肉を焼く手が震えた事は言うまでもない。

まさに監視という表現が似合いそうな一枚である。



mhf_20090913_124416_500.jpg

今回はガブラス素材を求めて、塔に来ていた。
ガンランスでのガブラス狩り、想像以上に楽しかった。
上方向へのリーチに優れたガンランス、砲撃も組み合わせて攻撃すれば、次々にガブラスが落ちてくるのだ。
そこへ浪漫砲をブッ放すと、非常に爽快である。
それにしてもこのガンランス、下位ではかなり重宝している。
作って良かったと思える一品だ。

こうして縞模様の皮も集まったので、念願の一振りが完成した。



mhf_20090913_124759_562.jpg

天下無双刀、である。
下位定番といえば “おにぎり” なのだが、凄腕以降で使い道が無かった経験からコイツを選んだ。
最終的には、無属性太刀で最高峰クラスの性能になってくれる。
しかもアミノタイト救済クエストが実装された今、他の無属性太刀と比べて強化難易度が格段に易しい事も大きい。

こうして本格的に太刀厨への道を歩み出した筆者だが、ここで思わぬ幸運にも恵まれた。



mhf_20090913_125613_500.jpg

塔で掘り当てた塊が、偶然にも大当たりしたのである。
封龍剣【絶一門】
自身がP2G時代に長く世話になった一振りであり、MHFでは既に廃れている系統の武器でもある。

非常に癖のある性能だが、使い方次第では活躍の余地はまだまだある。



mhf_20090913_125618_546.jpg

非常に頼りない攻撃力と、逆に強過ぎる程の龍属性。
斬撃耐性の低い部位よりも、龍耐性の低い部位でこそ真価を発揮する。
そういうえば剛種クシャに用いた龍刀【業炎】も、コイツと同じタイプであった。

龍殺しの為だけに存在するもの、そう考えると面白い武器である。



mhf_20090913_125643_375.jpg

なにより筆者は、このフォルムが大好きなのである。
斬撃の効果音も心地良く、不思議と勇気が沸いてくる。
手に取った瞬間から、コイツが気に入った。


モンハン伝統の一振り、こいつを自身の手で蘇らせてみたいと思う今日この頃であった。
スポンサーサイト

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://gad2.blog91.fc2.com/tb.php/18-75107b5f

 | HOME | 

MHF・ブログ

プロフィール

GaD

Author:GaD
更新停止

最新コメント

カテゴリ

全記事表示リンク

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。