GaDの狩猟日誌 ~ The second stage

by GaDのモンハン考察

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

老山龍と片手剣

2009 - 09/27 [Sun] - 01:11

最近、良い行いをした覚えはないのだが、、、。

mhf_20090926_104133_567.jpg

すまない、また塊が当たってしまったのだ。
これで3本目の当たりである。
だが今回は火属性ランスなので、強化素材の割りに使い道がなさそうである。
当たりだが外れ、そんな複雑な乙女の心境である。

強化素材 『 炎龍の塵粉 計10個 』 を眺めながら、そっと倉庫の奥にしまい込んだ。

mhf_20090926_225427_379.jpg

今日は弟子に稽古をつけながら、イフリートマロウ作成に必要な火竜の骨髄を集めた。
最初は陸戦女王で、尻尾切断vs頭部破壊を競争していたのだが。
何故か途中で突進祭りになってしまった。
すまない、煽ったのは筆者であるw

そういえば最近、弟子が生き生きとしている。
自由区が怖くてずっと1人だった弟子は、筆者と出会った頃は何に対してもオドオドしていた。
だが、今では目を輝かせながら筆者に突進をブチかましてくるようになった。
非常に良い傾向である。
不慣れな武器を習得する一番の近道は、仲間と遊びながら色々な事を試してみる事である。
仲間とチャンバラしながら、武器を自分の手足のように扱えるようになれば、実戦で咄嗟の反応が出来るようになる。
ランスの達人は、ランスで遊んでも達人なのである。

だから、そんな弟子の成長に思わず胸が熱くなった事は言うまでもない。



mhf_20090926_225026_723.jpg

途中、昨日出会ったPさんと副団長も合流して、4人でクエ回しをした。
順番の回ってきた弟子に 『 骨髄欲しいよな?な? 』 と優しく尋ねたら、レイアをリクエストしてくれた。
なかなか空気の読める弟子である。

そういえば、このクエ回しをするのは随分久しぶりかもしれない。
順番に行きたいクエストをリクエストしていくのだが、仲間内でやると非常に楽しい。
クエストに失敗したらリベンジも有りなので、ソロでは集め難い素材も確実に手に入る。
そして、誰かに一方的に手伝ってもらうのではなく、お互いに手伝い合う事に大きな意味がある。
気を遣いながらクエストに行っても、何も楽しくない。
同じモンスターばかり連戦するのも、正直飽きる。
だからこのクエ回しスタイルは、素材集めをギスギスした作業から開放してくれるものだと筆者は考えている。

HRの近い者が集まり、クエ回しをするような部屋が求人区でも多く出てくれば、MHFの雰囲気も少しは変わってくると思うのだが、、、。



mhf_20090927_003553_066.jpg

こうして無事に完成したイフリートマロウ。
試し斬りに選んだのは、ちょうど砦にやってきているラオシャンロンである。
片手剣でラオ戦など、随分久しぶりかもしれない。
筆者が初めてラオと戦った当時は、絶一門を担いで足を斬っていた記憶がある。
そして、PTで一番上手な人が腹を担当するのが慣例だった。
腹は一番ダメージが通るのだが、一番難しい場所でもあった。
ラオ戦の為だけに耐震装備を作る人など少なかったので、風圧や振動を受けない立ち回りが要求された。
当時は筆者も何度か挑戦してみたのだが、なかなか上手くいかなかったものである。

そして時が過ぎ、今では筆者もベテランと呼ばれる立場になった。
こうして腹を斬っている自分の姿が、かつてPTのエースとして腹を担当していた先輩方の姿と、ふいに重なって見えたのは気のせいではないだろう。
まだモンハンがストイックだった頃、その当時に活躍していた先輩方から教わった魂。
自分は、それに応えられるハンターになれただろうか?
無印時代のハンターと並んでも、見劣りしないハンターになれただろうか?

そんな問いに、誰も答えてはくれない。
だが、自身を戒める事、自身に問い続ける事で、いつかきっと彼らと肩を並べられる日が来る。
今はそれを信じて、ただ真っ直ぐに戦い続けるしかないのだ。



mhf_20090927_002944_176.jpg

初めてラオに剣士で挑んだ弟子に、4エリア目から腹を任せてみた。
得物は筆者と同じ、イフリートマロウである。
ここまでの筆者の戦いを見ていて、自分も挑戦してみたくなったのだろう。
『 行ってみるか? 』 と聞くと、喜んで腹に潜り込んで行った。
そのまま尻尾に巻き込まれそうになっていた事は、触れないでおこうw



mhf_20090927_004255_598.jpg

必死の攻防が続いた最終エリアの砦前、残り5分の表示を越えた頃。
遂にラオシャンロンが地に沈んだ。
頭は砦に埋まってしまい、剥ぎ取りは出来なかったが、火事場ガンナーで行くより100倍楽しかった。
なにより 『 この手で倒した! 』 という実感があった。
この手に残る感覚は、実際に戦った者にしか分からない。
本当に、この手に感触が残るのだ。
そして、共に戦ったPTメンバー達にとっては、初めて尽くしのラオシャンロンであっただろう。
MHFを始めた頃から 『 ラオは火事場ガンナーで部位破壊するもんだ 』 と教わってきた今の世代に、伝えたかった戦いを無事に勝利で飾る事が出来た。

今日はこの小さな達成感を胸に留め、明日への糧にしよう。



mhf_20090927_004721_645.jpg

最後に、御一緒したPさんの心遣いに感謝と敬意を表して、この記事を終わりにしたい。
同レベルの性能であるフレイムサイフォスを用いてくれた事、筆者はちゃんとチェックしていたのであるw
スポンサーサイト

ラオ狩りでしょでしょ♪

ラオ討伐おめでとうございます!
イフリートマロウかっこいい。
クエ回しって楽しいですよね。

そして。このGaDさんのブログを読んでいるうちに、だんだん弟子が可愛く見えてきました。弟子萌え。

2回目の書き込みとなります(^^)
私も、Godさんの弟子になりたいなぁ~(指くわえ)
※失礼コメで大変申し訳ありませんでした(汗

コメントありがとうございます!

>綾波さん
まさかの弟子萌えに吹きましたw
自分と同じ剣士タイプなので、どうしても教えるのに力が入ってしまいます。
少し厳し過ぎたかな?と、後で思う事も多々あります。
けど、今はまだ滅茶苦茶ですが、HRが100に上がる頃には凄いハンターに化けてるかもしれませんw
その頃には、何か自信のつくような大きな事をやらせてあげたいです。

>まゆまゆさん
Godは勘弁して下さいw
それと、指をくわえないで下さいw
ロックラックからこちらに来て頂ければ、いつでも歓迎しますよ~。

あわわ

あわわ(@△@)・・・
HNを間違えしまうなんて、大変申し訳ありませんでした(指をくわえて平謝りw

ロックラックでは、イ※ルジョーやア※バトリオンに平気で喰われるPSですが
いつかは、Fの世界に行けたらと思います(^^)
※モンス、ネタバレ!?

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://gad2.blog91.fc2.com/tb.php/32-3194eae4

 | HOME | 

MHF・ブログ

プロフィール

GaD

Author:GaD
更新停止

最新コメント

カテゴリ

全記事表示リンク

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。