GaDの狩猟日誌 ~ The second stage

by GaDのモンハン考察

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

餓狼片手剣の可能性

2009 - 10/02 [Fri] - 02:02

餓狼スキルについて考えてみた。

mhf_20091001_192007_546.jpg

最近は、先日のイベントで入手した “ 捨身のピアス ” を使って団員と遊んでいる。
雪山だと、こんがり肉とホットドリンクを節約出来る上に火力も上がる。
地球に優しいスキルくらいにしか考えていない我等だが、本当は凄いスキルなのではないだろうか?

そこで、今日は 『 戦闘スキルとしての餓狼 』 について少し考察してみた。

筆者の考える戦闘スキルとは、そのスキルを生かした立ち回りレベルでの評価になる。
確実に手数が増えるスキルであれば、それは攻撃スキルだと筆者は考えている。
逆に手数の減少や、弱点部位を狙う妨げになるスキルは論外である。
動かない的で計算したDPSでは意味がないのだ。
 ※DPS=damage per secondの略。1秒間当たりに与えることができる平均ダメージ値。



mhf_20091001_192950_625.jpg

そこで、餓狼発動状態で各武器をテストしていったのだが。
結果は芳しくなかった。
巷で流行の餓狼太刀も、少々不便さを感じた。
安全地帯でブン回しても良いのであれば、動かずして戦えるのだが。
ドドブランゴの尻尾斬りなど、部位破壊を狙う場合は非常に厳しいものがあった。
しかし、その中で手応えを感じられる武器が1つだけあった。

そう、片手剣である。



mhf_20091001_194333_109.jpg

しかし、片手剣のメリットはガード出来る事にある。
常時使う訳ではないが、咆哮や咄嗟の場面などで重宝するのだ。
そこで、最低値のスタミナでどこまでガード出来るかを試してみた。
餓狼の為にガードを捨てるのであれば、それは片手剣を片手剣として生かせていないと思うからである。
装備やスキルを替え、立ち回りを調整し、様々なケースを試してみた。



mhf_20091001_194356_250.jpg

そして、結論はこちら。
スタミナ管理を徹底すれば、必要最低限のガードは十分可能であった。
もちろんガード性能など不要、デフォルトの片手剣で十分その機能を果たしてくれた。
フルフルであれば、咆哮と放電がガード可能である。
他のモンスターでも同様で、逆に突進やタックルなどはガードを捲られてしまった。
だが、これらは本来片手剣でガードしてはいけない攻撃ばかりである。
仰け反りの大きい片手剣では、ガードを必要最低限に留めないと手数が激減してしまうからである。

つまり、丁寧に立ち回れば餓狼状態でも平常時に限りなく近い動きが出来るのである。
リスクの少ない餓狼片手、そのポテンシャルは底が見えないと感じた。



mhf_20091001_221218_796.jpg

しかし非常に扱い易い餓狼片手だが、餓狼太刀ほど噂を聞かない。
考えられる要因は2つある。
1つは、片手剣に対する偏見ではないだろうか。
実際、筆者も最初は片手剣は火力が低いと思い込んでいた。
アナログパッドでの操作だとコンボが難しい事もあってか、愛用者が少ない事も関係しているのかもしれない。
もう1つは、幻雷刀【聳弧】の普及率が高い事だろう。
同様の性能を持つ真舞雷剣【鳳凰】と比べると、所有者の数に大きな開きがあると思う。
属性の通る相手であれば、片手剣の方が太刀より高いDPSを叩き出す事が可能なのは、案外知られていないのかもしれない。
参考までに、次の2パターンを記載しておこう。



属性が通らない肉質(※アクラ・ヴァシム等)の場合。
幻雷刀【聳弧】が踏み込み斬りを入れる間に、真舞雷剣【鳳凰】ならジャンプ斬り→斬り上げの2撃を入れられる。
この二者の総ダメージ量は、ほぼ同じである。
しかし、機動力のある片手剣なら素早く間合いを詰め、更に手数を稼ぐ事も可能である。
逆にあまり動かない的であれば、気刃斬りを繰り出し始めた太刀がDPSを一気に逆転させる。
なので、肉の塊を斬って優越感に浸りたいのであれば、餓狼太刀をオススメする。



属性が通る肉質(※特に弱点部位)の場合。
同じ武器倍率で比べると、片手剣の圧勝に終わる。
ちょっと可哀想なくらいの圧勝である。
太刀は気刃斬りを出し始めた瞬間のDPSで少し追い付き始め、気刃斬り3まで全て当てる事で漸く逆転する。
しかし一瞬の振り向きに合わせて頭部を狙い、即回避というガチな戦いであれば、片手剣が叩き出すDPSは更に太刀を引き離してゆく。
もちろんこの場合も、動かない肉の塊を斬るだけなら、念気が溜まった時点で太刀が一気に片手剣を抜き去ってゆく。
まぁ好きな方を選べば良いと思うが、筆者は、、、言うまでもないだろうw



mhf_20090925_203242_062.jpg

確かに太刀は強い。
筆者も愛用している武器種である。
だが、P2G時代のラージャン訓練のタイムアタックでは、片手剣が最適解であった。
PT戦での不遇の話もよく耳にするが、ジャンプ斬りから派生させればスーパーアーマー状態を維持したまま乱戦にも入ってゆける。
盾コンを出さなければ、他人に迷惑を掛ける場面も少ない。
即座にアイテムを使える利点を生かせば、よくある剛クシャ定番PTでも双剣以上の活躍が出来ると思う。
この武器をどう使うかは、各人の気持ち次第なのである。





さて、今日もちと厳しい表現が多かったかもしれない。
反省はしているが、自重すつつもりは全くない。
なので、これからも色々ぶっちゃけてゆくだろう。
もちろん、筆者がぶっちゃける理由は1つしかない。
このブログを読んでくれている方々には、薄っぺらい知識で他人に上から指示する人間に、負けて欲しくないと思うからである。
好き放題に言われて泣き寝入りするのではなく、鼻で笑い返して欲しいのだ。
『 移動しますね 』 と言われたら、 『 あぁ逃げたな 』 と思ってやれば良い。
その為に必要な知識、技術、考え方を、筆者が寝不足で倒れるまで書き続けてゆきたい。
効率や最適解がMHFの全てだと言うのであれば、それ相応の知識も書いていこう。
全ての奢りや悪意を完全に絶つ事は出来ないが、ちっぽけな筆者でも出来る事があると思っている。

ちっぽけでも、何かを変えてゆけると信じて、これからも書いてゆきたい。
スポンサーサイト

ガロウは、「高台はめ」とかでないと、使わないです
へったぴなので・・・
まあ、おいらは、楽しく遊べたら、それでいいのです
はめでも、がちでも・・・

いま楽しくやってるのは、肉球ぎざみ
睡眠ガンランスで、一人で行きます
ぶっぱなしますから、一人でないと、迷惑かけるので
突き、突き、砲撃・・・と、二回すると、砲撃で、ひるみます
そのうち寝ますし、そこに竜撃砲、気分爽快です
クエスト証も、必要なので、一人連戦です
効率からしたら、太刀や片手剣のほうが、いいんでしょうけどねー

コメントありがとうございます!
相変わらずガンス好きですねw
片手剣で餓狼、意外と普段通りに戦えるんですよ。
いや、ホントにです。
機会があれば、一度使ってみて下さいね?w

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://gad2.blog91.fc2.com/tb.php/36-5e0d18b8

 | HOME | 

MHF・ブログ

プロフィール

GaD

Author:GaD
更新停止

最新コメント

カテゴリ

全記事表示リンク

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。