GaDの狩猟日誌 ~ The second stage

by GaDのモンハン考察

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

基礎訓練

2009 - 10/03 [Sat] - 20:43

雪獅子の尻尾は地味に面倒である。

mhf_20091002_233600_562.jpg

切らないと入手出来ないので、ドドド強化の為に頑張ってみた。
全部で6本も必要なので、ドドブランゴには6回も泣いてもらわないといけない。
動物愛護のポリシーを掲げる筆者としては、胸が痛んだ事は言うまでもない。

そこで、暇そうな酔っ払いを広場で拾い、ドドブランゴに突撃させてみたのだが、、、。

mhf_20091002_222706_437.jpg

意気揚々と、千鳥足でクエストに向かう酔っ払い。
背中の得物デスパライズが、こやつの生き様を如実に物語っている気がした。
もうすぐHRも40を越えるので、もう少し良い武器を持たせてやりたい。
だが、こういったレベルの武器で下位テオを50分粘ってソロ討伐してるのだから、嫌でも上達するのだろう。
そもそも、下位武器&防具で出せる火力で下位テオをソロ討伐する方が、完璧な凄腕以降の装備で剛種テオをソロ討伐するよりも厳しいのである。
まぁ、剛種の場合は被弾しない事が前提になるのだがw

ただ、
本人が思っている以上に、こやつの戦闘能力は確実に向上していると思った。



mhf_20091003_003603_140.jpg

しかし、まだまだ未熟な部分も多い。
睡眠→大剣溜め3でドドブランゴの尻尾をサクッと切ろうと思ったのだが。
筆者が何回眠らせても、弟子が必ず叩き起こしてくれた。
どうやら睡眠属性の扱いが物凄く苦手らしい。
そこで、原因だと思われる “ 初心者にありがちなボタン連打でコンボを出す癖 ” を矯正してみた。

矯正方法は簡単。
コンボを出来るだけゆっくりと繋いで、そのリズムを覚えるだけである。
コンボが途切れるギリギリまで粘る練習を繰り返す事で、自然とディレイが使えるようになる。
ディレイが使えるようになれば、睡眠属性の運用以外にも多くのメリットがあるのだ。
 ※ディレイ=コンボの繋ぎを任意に遅らせる事。時間差攻撃。@格闘ゲーム用語



mhf_20090913_124759_562.jpg

ディレイという単語が出てきたので、武器の扱い方に関しても少し書いておく。
筆者が初めて太刀を扱った際に、自身が踏襲した手順を例にしよう。
まず最初は、その武器でどのような攻撃を出せるのかを把握する為に、素材ツアーで散々素振りした。
次に、即座に回避へと繋げられる攻撃をピックアップし、その攻撃→回避の練習をした。
攻撃→回避のコンビネーションが出来るようになれば、次は実戦で色々試してゆく。
慣れるまでは、自分で勝手に決めたコンボを1~2種類作って、それだけで戦えば良い。
筆者の場合は 『 縦斬り→突き→斬り上げ→回避 』 のパターンを事前に練習して、しばらくはそれだけを使っていた。
余裕がある時に、上記のコンボを色々と派生させて試したものである。
そうやって太刀を100回くらい使った頃だろうか、少し手に馴染んできた事を覚えている。

新しい武器に馴染んだら、次はコンボとディレイの練習である。
先程も書いた通り、コンボを出来るだけゆっくりと繋いで、そのリズムを覚えていった。
そうすると、 “ 突き ” の直後が最も長くディレイを保持できる事に気付いた。
他の攻撃の倍近く姿勢を保持出来るのである。
こうして、筆者の立ち回りのベースが作られていった。

まずディレイの長い “ 突き ” を入れて様子を見る。
そのまま攻撃可能であれば、もう1撃 “ 斬り上げ ” に繋いで様子を見る。
この “ 斬り上げ ” も、ディレイの長い攻撃の1つである。
この2撃の間にモンスターの予備動作を確認し、次の攻撃モーションを判断する。
いける!と判断した時だけ、そのまま一気にコンボを叩き込んでゆく。
そこまでゆっくりと観察しても判断出来ない場合は、そこでコンボを途切れさせる。
ここで無理に追撃して被弾すれば、 “ フッ飛ばされて起き上がって回復してもう一度間合いを詰める ” という大きなロスをしてしまうからだ。
タイムアタックでもない限り、被弾しないように早めの回避を心掛けた方が、最終的なDPSは高くなる。
もう1撃いけるかな?くらいで止めている方が、意外と上手く立ち回れたりするのだ。



mhf_20091003_003753_828.jpg

ダラダラと書いたが、コツは1つ。
慌てたり焦ったりする必要など無い。
攻撃とは、ゆっくりと丁寧に繰り出してゆくものである。
神動画や達人のプレイを見て、勘違いしてはいけない。
それはF1のレース中継を見て、素人がマネをするようなものだ。
自分が余裕を持てるスピードで、ゆっくりと戦えば良い。
そうすれば、自然と上達してゆくものだ。



mhf_20091003_004500_062.jpg

ちなみに、副団長は左人差し指での視点移動を練習している。
中心の岩を常に視点に捉えながら、グルグルと回って指を馴染ませる。
最初は大きな円を描いて、ゆっくりと回れば良い。
少しずつ速く、また回る円を狭めてゆく。
指の動きを覚えてしまえば、後は慣れだけの問題である。
これが出来るようになれば、当社比1.5倍のDPSを叩き出せるだろう。





それにしてもMHFでは、基礎を知らない者が多い気がする。
一期一会の自由区や、定型文しか会話のない求人区では、教えてもらえる機会が少ないのかもしれない。
コミュニケーションの省略化が、MHF自体のレベルを引き下げていると思った。
ハメを教える以前に、まず基本を教えてやれと言いたい。
そして、作戦通りに出来ない初心者に厳しい言葉を投げ掛ける者。
知れば誰にでも出来る程度の事で、何故そのような偉そうな態度がとれるのか、筆者には理解できない。
足し算しか出来ない幼稚園児に、掛け算が出来る小学生が偉そうにした処で、因数分解の出来る中学生に笑われるだけなのである。
どう考えても格好悪いのだが、当人は気付いていないのだろうか。



mhf_20090912_誓い

そんな事を考えていると、以前ティアンカムさんが言っていたスキルアップ猟団の話を思い出した。
基礎を教える場、その必要性を感じていた。
しかし、特定の猟団という部分に少し抵抗がある。
筆者としては団員・フレ・野良を問わず、皆同じように接していきたい。
それ以前に、筆者には先生のような身分など無理がある。
本当に上手い人は、この世界にもっと沢山いると思う。
出来る事といえば、筆者の元を訪れてくれる方々に、自身の経験を伝えてゆく程度だろう。

ちっぽけな活動ではあるが、自分はこれでMHFを変えていきたい。
スポンサーサイト

テオにデスパとは、凄腕ですね
将来有望ではないですか!

太刀のコンボも、PTとなると、邪魔になることも多いですね
アクラの尻尾きりとか、役割がわかってる場合は除いて

片手クックでも、盾コンボで、こかされること、多いです
悪気はないかもしれないですけど、自分は、盾コンボはしません

書物クエのとき、ハンマー縛りで、縦3で飛ばされて、起き上がりにグラビのビームで死んだときもありました
それって、おいらのせい?と思いましたが・・・

邪魔にせず、邪魔にならずの、心がけ・・・と思ってます
密集して邪魔にならないのは、鬼人化した双剣x4ぐらいでしょうか?

今日は虹色だったので、キャラバン行ってみました
なずちのガンランスで、ひとり連戦、7-8分で2万zは、おいしいです
鉱石とCP稼ぎも・・・狼用ランダムボール、1個1000CPですから
非売品アイテムも、いろいろ入手しました
そうそう、ガンランスだと、ガロウはだめですね?
それとも、できるのかな?

お疲れ様です^^

GaDさんの記事を読んでいると何か自分に問いかけられているように感じることがあります。
恐らく他の方もそう感じるのかもしれません。

視点移動は良いレッスンでしたね^^

スキルアップ猟団、
既に素晴らしい活動をしておられますよ^^
私にはできなかったこと。

小さなことができなければ大きなこともできませんからね。

将来はたくさんの方がGaDさんの下に人が集まるのがイメージできます。

こんばんは^^ ディレイという感覚を認識することで、モンスの息ずかいを感じることの出来るGaDさんらしい内容で、改めて勉強になりました^^ 性格なんでしょうが、どうにも、「もう一撃、もう一撃いける!」と欲張ってしまう自分に言い聞かせるように、読ませてもらいました^^; 「吹っ飛ばされて回復飲んで、、、」ってとこが、頭で分かっていても、ボタンを押してもう一撃よくばってしまう、、、>< 神動画見すぎなんでしょうねww  足元固めろって、感じですな^^; PTの皆さんに粉飲んで助けてもらうときほど惨めな瞬間はないです^^; どうやら、僕に必要なのは、心技体のうち、心の部分が大きな割合をしめているようです>< GaDさんのコラムは、そんな慢心してる自分の心に、ズドンと響きます。 このコラムを読んだあと、ソロでアクラ変種の尻尾きりにいってきました。 何故アクラを選んだかというと、尻尾が切れないもどかしさに耐えてみようとおもったからですww 40分かかりましたが、尻尾はきれませんでした>< でも、部位破壊が回復されるたびに折れそうになる心の修行にはなったのおではないかと思っています^^; 討伐まで、45分近い時間がかかりましたが、心の持ちようだと感じました。 何より、次につながるように思いました。 しかし、太刀でいったんですが、自分には難しいと漢字ました^^; 太刀特有のディレイの長さが、かえって、自分には扱いずらかったです^^; スキルアップ猟団、ある意味、このコラムがその役割を果たしているように思います。私のように、ブログを読んでそこから何かを掴み取る、そんな人はたくさんいるはずです。ここにも、直接接することは出来なくても、GaDさんの弟子といえる方はたくさんいるのではないでしょうか? あなたの行動は、MHFを愛する全ての同士に、大きなうねりとなって、共鳴していくような気がしてなりません。 時におかしく、時に厳しく、これからも、いろんな意見を提示していってください^^ またまたまた長い文章になってしまい、深く反省しております>< こんどは、短くしますんでw では^^ノ

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントありがとうございます!

>クリルラさん
何かを心掛けること、すごく大切だと思います。
太刀・片手剣・笛なら密集してても共存は出来ますが、 他の武器でも密集しなければ共存できると思いますよw
あ、ガンランスでの餓狼は難しかったです。
まず最低値のスタミナで、どこまで攻撃をガード出来るか把握しないといけません。
ガード性能の有無と合わせて、1つ1つ検証していかないと難しそうですね。
ただ回避性能も付加されるので、踏み込み突きを使った移動と組み合わせれば、ランスよりも相性は良いと考えてます。
これ以上はガンス専門の方にお任せしようかと、、、w

>ティアンカムさん
人差し指での視点移動は、なかなか教えてもらえないみたいですね。
副団長は視点移動なしで今日まで戦ってきたそうで、たぶん出来るようになった途端に動きが一変するんじゃないかと思ってます。
次への動きが確実に1歩早くなりますから。
う~ん、自分に教えられるのはこれくらいですねw
スキルアップ猟団、 ティアンカム団長の帰還を心からお待ちしておりますw

>GOLGO35さん
前より更に長くなってる気が、、、勘弁して下さいw
ソロでアクラですか、凄いですね!
自分はあんまりアクラやり込んでないので、尻尾切断や回復シャワー?の仕組みをイマイチ理解してないのですが、、、。
とりあえず足斬ってれば勝てた、そんな感じでしたw
弟子ですか、、、う~ん。
みんなの方が自分より上手なんじゃないかな?と思ってるので、師匠なんて無理っぽいですね(汗
コツさえ覚えたら、初心者の方でもすごく上手になります。
今の弟子にも、そろそろ追い抜かれそうなので、、、w
負けないように頑張ります!

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://gad2.blog91.fc2.com/tb.php/37-fc0c89c3

 | HOME | 

MHF・ブログ

プロフィール

GaD

Author:GaD
更新停止

最新コメント

カテゴリ

全記事表示リンク

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。