GaDの狩猟日誌 ~ The second stage

by GaDのモンハン考察

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

望郷の念

2009 - 09/01 [Tue] - 22:06

密林のドンを怒らせてしまったようだ。

mhf_20090831_234801_968.jpg

毎回新しい武器が出来ると、この親分で試し斬りするのが筆者の慣例なのである。
モスには正直、すまないと思っている。

mhf_20090831_234720_281.jpg

おっとっと。

この片手剣のガード、上手く使いこなせれば大きな武器になる。
ランスのような安定感は無いが、そもそもガード前提の武器ではない。
フルフルの咆哮を防いだり、ゲリョスの閃光を防いだりするのを主にして使う。
モンスターの直接攻撃を防ぐのは、緊急時のみ。
これが筆者の考える片手剣のガードである。

ランサーの方には頼りない盾のように感じるが、この恩恵はとてつもなく大きい。
高級耳栓が不要になるので、装備のバリエーションに余裕が出来るからだ。
無理に音無珠Gを作ったり、テンプレ装備に拘る必要もなくなる。
 ※カウンター咆哮対策に耳栓くらいは欲しいところだが。
ちなみに装備の整わない序盤においても、このメリットは非常に大きい。
筆者はフルフルに行きたいのだが、咆哮がちと怖い。
咆哮からの鬼畜コンボなど食らったら、レザーライト一式では間違いなく逝ってしまいそうである。

そこで片手剣を作ろうと思ったのだ。


ポイズンタバルジン

チョイスしたのはポイズンタバルジン、下位では定番の片手剣である。
デッドリィタバルジンへの強化も、HR5で可能である。
このHR帯で製作出来る武器では飛び抜けた性能なので、もちろん筆者も素直に作った。
元々片手剣は余り好きでは無かったのだが、ティアンカムさんのブログを読んでいて、いつしか片手剣も好きになっていた。

好きになっただけで、物凄く下手なのだが、、、。





それにしても、コイツの強化は非常にめんどくさかった。

mhf_20090831_005927_031.jpg

まずはドスガレオスから。
レザーライト装備に大骨塊だと誰も相手にしてくれなかったので、仕方なくソロなのである。
入門区でも、流石に採取装備はアウトらしい。
ちなみにルーキー装備一式の女の子が募集すると、何故か一気に集まっていた。
同じような見た目の装備なのに、この違いは、、、。

う、羨ましくなんて無いんだからっ!
すまない、自分で言ってみてキモいと思った。



そういえば、ハンマーでドスガレオスなど初めてかもしれない。

mhf_20090831_010715_281.jpg

肉質を調べて、適当にスタンさせたら首狙い。
腹狙いだと硬い部位に当たって弾かれてしまう場面が何度かあったので、2番目の弱点狙いに絞って安定した。
途中、音爆弾が尽きてしまい途方に暮れたが、地面をスタンプして無理矢理引きずり出した。
人間、やろうと思えば出来るものである。

それにしてもハンマーでドスガレオスを叩いていると、魚を〆ている気分になる。
スタンしたらピチピチ跳ねるからだろう。





次はゲリョス、コイツが一番苦労した。

mhf_20090831_230556_156.jpg

ハンマーでの立ち回りが物凄く難しい相手だと思った。
ハンマーで、と言うよりは“中~近距離での立ち回りが難しい相手”と表現すべきだろうか。
超接近戦を挑めば、ほとんどの攻撃を腹下で無効化出来るゲリョスなのだが。
そこから1~2歩離れた間合いで対峙すると、これほど厄介な相手になるとは思いもしなかった。

ハンマーでは勝てる気がしなかったので、骨太刀を作って挑んでみたところ、、、。





mhf_20090831_231647_390.jpg

これほ弱い相手だとは思いもしなかった。
基本は縦斬りor抜刀斬りで、腹~尻尾の付け根辺りを狙って振り下ろす。
間合いは常に0距離を保ち、決して離れてはいけない。
簡単に書くと、足元が安全地帯である。
だが、怒り移行時の足踏みが地味に痛い。
筆者の装備だと、気付いたら瀕死になっていた。
やはり、この装備でのゴリ押しは無茶かもしれない。

採取装備でもPT戦に混ぜて欲しいなぁと、急に寂しくなったクエストであった。
ちゃんと働くので誰か混ぜてくれないだろうか、本当に。





こうして完成したポイズンタバルジンだが、いきなり緑ゲージがついてて驚いた。
なんだか急に強い武器を手に入れた気分になったので、密林の親分に自慢しに行ったのだが、、、。

mhf_20090831_234808_812.jpg

冒頭でも書いた通り、親分を怒らせてしまったのである。
筆者は何故かモスやプーギーが大好きなので、つい悪戯してしまうのが原因かもしれない。
今回も後ろからお尻を蹴っただけなのだが、冗談が通じなかったようだ。
以後、気をつけようと思う。





そういえば、筆者にとっての“最後の戦い”から1週間が過ぎた。

mhf_20090830_222653_203.jpg

プー太郎は元気にしているだろうか。
一応管理人には、プー太郎の世話を頼んでおいた。
あちらでの猟団長にも、プー太郎を宜しくと頼んでおいた。
他人のマイトレにいる豚の世話など、どうやってするのか見当もつかないが、、、。
とにかく心配なのである。
またエサを忘れて病気になっていたらどうしよう。


なんだか物凄く不安になったので、今度3鯖を覗きに行ってみようと思う。
会いたい方もいるので、うまく時間が合えば良いのだが、、、。
スポンサーサイト

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://gad2.blog91.fc2.com/tb.php/4-2810289f

 | HOME | 

MHF・ブログ

プロフィール

GaD

Author:GaD
更新停止

最新コメント

カテゴリ

全記事表示リンク

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。